FC2ブログ

治具の仕上げ

貼り付けたMDF材をガイドにルーターでカットします。
DSC_2055.jpg
ベアリング付きストレートビットを使用しています。
正確に枠を同じ形にカットできます。

ただ、コーナーの部分はこのように丸くなってしまうので、
この分を考慮して設計をします。
DSC_2056.jpg

ルーターの治具ボードができました。
DSC_2058.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

キャビティー型

トレモロユニットを組み込むためのキャビティーの型を作ります。

図面を見ながらキャストのアクリル板に正確に形を描きます。
DSC_2050.jpg
トレモロユニットの位置は音の正確さにかなり影響するので、慎重に作業します。

糸鋸盤で概略カットします。
DSC_2053.jpg

100円ショップで買ったMDF材です。
DSC_2057.jpg

これを線に合わせて両面テープで貼り付けます。
DSC_2054.jpg





テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

ブロック量産

トレモロブロックの型で量産します。

型にポリウレタン樹脂を流し込みます。
2液混合型のレジンです。
DSC_2046.jpg

2液を正確に混ぜ合わせて型に流し込みました。
DSC_2047.jpg
固まるのが早いので、素早く作業します。

完全に固まったら型から取り出します。
DSC_2048.jpg
何度も同じものを作るときは、この方法が簡単です。




テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

トレモロブロックの型取り

トレモロブロックを量産するために型をとります。

型取りブロックで枠を作ります。
DSC_2041.jpg
下には油粘土を敷いてあります。
粘土の上にパーツを置きます。

シリコンを流し込みました。
DSC_2042.jpg

一晩寝かしたらブロックを外していきます。
DSC_2043.jpg

最後に粘土を剥がして
DSC_2044.jpg

型の完成です。
DSC_2045.jpg






テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

トレモロユニット

ブロック周辺の部品を作成します。

ブロックに取り付けてバネを受けるパーツです。
DSC_2035.jpg

こちらはバネの台です。
DSC_2037.jpg

台にバネ用の軸をつけました。
DSC_2038.jpg

ブロックにバネ受けを接着してサーフェーサーで仕上げました。
DSC_2039.jpg




テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

ようこそ
講座
プロフィール

うぴょぴょん

Author:うぴょぴょん
デジタルな社会で人に必要なのはアナログ音なのかもしれない。

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入り
弦楽器製作・修復
ハワイの写真集
ランキング

FC2Blog Ranking

ブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
材料など
道具
工具
ホームセンターのコメリドットコム ホームセンターのコメリ・ドットコム
リンク
楽器店
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ドレメル