FC2ブログ

ケースの加工

革をカットしました。
ケースの縁につける革です。
DSC_0058_2016070314520145a.jpg
革は丸めて保管してあるので、丸まってしまいます。

両端に印をつけます。
DSC_0059_201607031452024a7.jpg

印に沿って穴を開けます。
DSC_0060_20160703145209c66.jpg

これを染めて、コバの処理をしました。
DSC_0061_201607031452118ec.jpg

端布にアイロンで折り筋をつけます。
DSC_0062_20160703145212e7c.jpg

折り筋に木工用ボンドで太めの糸を貼り付けます。
DSC_0064_20160703145215a11.jpg

ピッタリと張り合わせて、定規などで糸の形を綺麗にだします。
DSC_0066_20160703145223ceb.jpg

カットすれば花布の完成です。
DSC_0067_2016070314522533f.jpg
これはヘッドバンドといって、洋書の背の上下に付いているのと同じようなものです。
市販している製本用の花布では長さが足りないことが多いので、自作すれば簡単にできます。

この花布を革に貼り付けます。
DSC_0068_201607031452268fb.jpg

これをケースに縫い付けていきます。








スポンサーサイト



テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ようこそ
講座
プロフィール

うぴょぴょん

Author:うぴょぴょん
デジタルな社会で人に必要なのはアナログ音なのかもしれない。

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入り
弦楽器製作・修復
ハワイの写真集
ランキング

FC2Blog Ranking

ブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
材料など
道具
リンク
楽器店
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ドレメル